春のスカーフ!キャビンアテンダントの巻き方オススメ3種!

春のスカーフ!キャビンアテンダントの巻き方オススメ3種!

この春のトレンド小物といえばスカーフ。

何でもないTシャツスタイルに、スカーフを首に巻くだけで一気に今っぽくなります。

スカーフの素敵な巻き方と言えば、キャビンアテンダントさん。

一枚のスカーフで表現される華やかな造形美には、目を奪われてしまいます。

そこで、キャビンアテンダントの方々の巻き方とともに、おすすめスカーフもご紹介いたします。

ツイリー風スカーフ

販売価格: 1,490 円

【初級編】リボン巻き

まずは、一番簡単にできるリボン巻きをご紹介します。

スカーフの対角上の二つの端を真ん中に折って、Iラインにします。これはスカーフの巻く時の基本になります。そして、首に巻いてリボン結び。最後に形を整えて完成です!

複雑そうに見えますが、けっこう簡単ですね。

華やかさUPなカーネーション巻き

蛇腹(じゃばら)折りでスカーフをIラインにすると、花びらのようにフンワリとしたボリュームがでます。

最初にスカーフを二つに折り、蛇腹(じゃばら)折りにして、Iラインにします。そして、首に巻き、一回結びます。結んだ上から、片結びをしてボリュームを出しながら形を整えていきます。

衿の外側に巻くコサージュ巻き

衿の外側からゆるくスカーフを巻くので、上品で柔らかい印象になります。

スカーフを基本のIラインにしたら、衿の外側に巻きます。そして下側が長くなうように1回結び、さらに片結びをして、輪になってる方のボリュームを出して完成です。

こちらの動画では、他にも「ターバン巻き」「セーラー巻き」、そしてさらにレベルの高い「薔薇巻き」もレクチャーしています。一枚のスカーフで薔薇を作ってしまうキャビンアテンダントさんのテクニックには、感動を覚えます。

【番外編】スカーフのカジュアルな巻き方

カジュアルスタイルの時にぴったりなスカーフの巻き方7選です。

ベーシックな「固結び」や、海外ブロガーがよくしている「ループノット」、そしてバッグの持ち手に結ぶ方法もレクチャーしています。スカーフを首に巻くのに抵抗のある人は、まずはバッグに巻いてみるのがおすすめです。

おすすめスカーフは?

やっぱり欲しいエルメス!使いやすい「カレ」

エルメスならではの色と肌触り。やはりゆるぎない存在感を感じます。中でもカレ(正方形)の90センチ四方は、程よくボリュームが出て使いやすいサイズです。

初心者の人は、まずは肌馴染みのいい色のスカーフでトライ

スカーフをあまり巻きなれていない人は、まずはベージュ系の主張控えめなデザインを選べば、肌に馴染み失敗がありません。

ちょこんと巻ける手軽な小ぶりサイズ

小ぶりサイズだと、気軽にちょこんと巻くことができます。ヘアアクセサリーやブレスレットとして、またバッグにも巻きやすく使いまわしがききます。

まとめ

首元をスカーフできれいに巻くテクニックを身に着ければ、あなたも大人のお洒落上級者。

まずはカジュアルな巻き方から始めて、慣れてきたらオフィシャルなコーデにも取り入れられる巻き方にトライしてみては?