ペンシルスカートとタイトスカートの違いって何?特徴は!?

ペンシルスカートとタイトスカートの違いって何?特徴は!?

最近トレンドのペンシルスカート!

街中でも雑誌でもペンシルスカートという言葉をよく耳にするようになりましたよね。ペンシルスカートとは一体どんなスカートかというと…鉛筆のように細いシルエットが特徴的なタイトスカートのことです。

しかし、ペンシルスカートのことをタイトスカートとは表現しませんよね。いや、見た目はタイトスカートでしょ!と突っ込みたくなるところですが、雑誌やテレビなどには「ペンシルスカート」という名称で取り上げられています。

それじゃあ、見た目がそっくりなタイトスカートとペンシルスカート…その呼び方の違いは一体に何??と疑問に思われている女性も多い事でしょう。私もずっと疑問に思っていましたよ!

今回は「ペンシルスカートとタイトスカートの違い」についてご紹介したいと思います。

ペンシルスカートとは?

それでは早速、最近よく耳にするようになったペンシルスカートの特徴をまとめてみましょう。ペンシルスカートとはその名の通り、鉛筆のように細~いシルエットが特徴的なスカートです。

鉛筆のように細いシルエットって…タイトスカートもじゃない??そう思われた方も大勢いらっしゃると思います。確かに、漠然としたイメージの中では、ペンシルスカートもタイトスカートも細~いシルエットな印象がありますよね。

タイトスカートの細かい説明は次の項目に取っておくとして…まずはペンシルスカートについて説明したいと思います。ペンシルスカートのシルエットは、太ももから裾にかけてぎゅっと絞られていることが一番の特徴です。

お尻や太ももにはややゆとりがありますが、膝にはほぼゆとりなし!そんなイメージでしょうか?ペンシルスカートを平置きしてみれば、その形がよく分かると思います。

なんとも歩きにくそうなスカートですよね。ペンシルスカートの人気丈は、膝丈もしくはひざ下丈ですので、あまり大股を開いて歩くことは出来なさそうです…。

また、体のラインに沿った作りが特徴的なペンシルスカートは、大いにスタイルが強調されてしまいます。それに加えて、ペンシルスカートの人気の形はハイウエストタイプ

ハイウエストなペンシルスカートにTシャツをインしたり、短め丈のトップスを合わせたり…。これはまさしくスタイルに自信がある方が得意なファッションと言えるでしょう!

タイトスカートとは?

ペンシルスカートが裾にかけて絞られているのに対して、タイトスカートは太ももから裾まで一直線です。これも平置きにして比べれば一目瞭然ですよね。

タイトスカートは主に、通勤スタイルに使われる形です。スーツのセットアップもたいていタイトスカートですし、ジャケットやブラウスと相性がいいのもタイトスカートですよね。

あまり短い丈のタイトスカートは年代を感じてしまいそうですが、比較的短め丈が人気のタイトスカート。膝上か、膝がぎりぎり見えるくらいの丈が一番バランスよく着こなせます。

スポンサードリンク

では、ペンシルスカートとタイトスカートの違いをまとめると…?

ペンシルスカートとタイトスカート、何となく同じようなイメージがありますが、一番の違いは「太ももから裾にかけての絞り方」ではないでしょうか?

どちらもあまり太ももやお尻に余裕がないのは事実ですが、タイトスカートの方がお尻が強調されてしまうイメージがあります。パンツの線がくっきり浮き出てしまうのもタイトスカートの特徴ですよね。

ペンシルスカートは、脚にこそ余裕はありませんが、お尻には若干の余裕があるデザインが多いと思います。どちらを選んでも、自分らしくスタイリッシュに着こなせれば大正解です!

まとめ

以上「ペンシルスカートとタイトスカートの決定的違い」についてご紹介いたしました。

なんとなくスッキリした!なんて方も多いのではないでしょうか?